店舗内テーブルの数、お客様の数をAIが数え、店舗情報を伝えます。
店舗内テーブルの数、お客様の数をAIが数え、店舗情報を伝えます。

主要機能

  • Body Detectionを活用してお客様の数、店舗内空きテーブルの数を確認
  • 混雑度及び着席可能な店舗の情報を提供
  • API提供
    • 全顧客数
    • 総テーブルの数
    • 空きテーブルの数
  • Body Detectionを活用してお客様の数を確認、店舗内空きテーブルの数を確認
  • 混雑度の状況を提供し、お客様に該当店舗で着席できるかどうかの情報を提供
  • API提供
    • 全顧客数
    • 総テーブルの数
    • 空きテーブルの数

自由なテーブル領域の設定

  • 管理者は自らテーブル領域を指定出来ます。
  • 写真の中に総合五つのテーブル領域を指定しており、緑色のマークのテーブルに只今お客様がいないことを示しています

着席と同時にテーブル、顧客の数をカウント

  • 該当テーブル領域ないに人が着席した場合、それをカウントします。
  • 只今、黄色のマークでお客様の使用を示している二つのテーブルがあります。
  • 五つのテーブルの中、三つのテーブルが空席となっています。
  • 現在、店舗内のお客様の数は3人で、混雑していないことを示しています。

連技術

物体(object)認識 (Body認識、テーブル認識)

物体領域の分離・分析

物体間の連関分析

ビスの

1. 店舗の経営者が写真の中にテーブルの位置を指定する。

2. 店舗内のIPカメラで、一定周期で写真を伝送する(FTP伝送)

  • 動画の伝送周期は5秒~5分の中から設定可能

3. 店舗内カメラから伝送される写真を分析し、総顧客の数、使用中のテーブルの数、空きテーブルの数をAPIで伝送する。

  • Body認識を通じた計数で、精度の高い認識が可能
  • マウスで簡単にテーブルの位置を指定でき、総テーブルの数とその位置を確定
  • 混雑度の表記が可能
  • 動画分析ではないため、コストの削減が可能に